石川県で(ZEH)ゼロエネルギー住宅ならファンデザインワークス

  • お電話によるお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ・資料請求

9月17日

 
9月も半ばに入りすっかり日が暮れるのが早くなりました。
 
1年半以上も続いているこのコロナ禍では、新しい生活様式が定着してきてます。
 
弊社でいいますとお客様のお打合せ’等のスタイルなんかも、変化し適応できるようにゆっくりではありますが社員皆で一生懸命に努めて頑張っています。
 
 
そんなコロナ禍で行動が制限され不自由思いをしているのは小さな子供達も一緒です。
 
という事で、弊社’スタッフがお施主様’お子様たちに夏休みのイベントとして、
 
「おうちバコづくり」なるものを催したようです。
 
連日、お施主様より、
 


が続々と送られてきてます。
 
子供の発想・才能・夢は無限ですね。
 
そして、子供には新しい事に取り組むスピードとパワーがあるんですね。
 
この画像を見るたびに、たくさんの【力】をもらいます。
 
私も日々の仕事に追われておりますが、子供たちに負けないように、
 
何か新しいものに取り組んでいきたく思ってます。
 
 
まずは、
 
現場では、来週お引渡しのお客様に喜んでもらえるように、外も内も最終チェックや仕上げを丁寧にすること。
 

 
 
そう言えば、先日の新建ハウジングに、
 
「G2、G3化はどれくらいコストアップする?」
 

 
との興味深い記事が。
 
弊社での近年のお施主様のお宅は「HEAT20・G2グレード」。
 
モデルハウスは「G3グレード」。
 
お客様からよく「うちの間取りでG3グレードにする時は予算はどのくらいアップしますか?」
 
との問いにいつも予算をザックリとお答えはしておりますが、、、
 
今一度、色々な角度からの予算を根拠を添えてお答えできるように検証・算出してみたいと思います。
 
そして近い将来、弊社のお客様にG3グレードでの暮らしを当たり前にしていただけるように、企業努力を続けたいです。
 
 
そうそう、最後に、
 
スタッフから「社長のブログって必ず東京の子供さん達の話ありますね」と言われましたので(笑)、
 
上の子は大学でワクチン接種ができるようになり、早速接種しに大学に行ってきたようです。
 
下の子も、上の子の大学の「家族枠」という恩恵を受け先日接種できたようです。
 
「ワクチンうったよ!」の言葉と閉まっている大学構内のカフェの画像が送られてきました。
 
映り込んでいた我が子の顔は笑顔でした。
 

 
久々に大学に入れたものの、カフェなんかも開いておらず静まり返っていたようです。
 
若者達のワクチン接種は、受けたいけど受けれない人もまだまだ多いようですね。
 
事情があり接種できない方の為にも、接種希望者には早く接種できる環境が整うといいですね。
 
我が子達も不自由な中で生活し、それでも前向きに暮らしてるんだなぁ、と改めて感じました。
 
 
 
junji. F
 

カテゴリーcategory

インスタグラムInstagram

    フェイスブックfacebook

    トップへ戻る